ラバンジンの効能と性質。

今日は、真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種であるラバンジンについて、その効果や性質に触れたいと思います(^^)

【ラバンジン】
真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種です。フランスが原産で、他のヨーロッパの国でも見られます。交雑種であるラバンジンは、二つの性質をもち環境に強い品種のため、生産量が増え、様々な香料として使用されています。

成分は、リナロール、酢酸リナリルが大半を占め、真正ラベンダーにはないカンファーとシネオールも含んでいます。香りは真正ラベンダーよりさっぱりとしており、癒し効果よりリフレッシュ効果が期待できます。

見た目は真正ラベンダーによく似ていますが、色が淡く寒さに強い性質があり、ラベンダーよりも大きく、3つに枝分かれして各々に花がつくことが特徴です。

ラバンジンは、その混ざり方によって、さらに4種類に分けられます。

☆ラバンジンスーパー(Lavandin Super)…よりラベンダーに近く、一番良質。

☆ラバンジンアブリアル(Lavandin Abrialis)…一番古くから栽培されていた品種。

☆ラバンジングロッソ(Lavandin Grosso)…いちばん流通しているラバンジン。

☆ラバンジンスミアン(Lavandin Sumian)…アブリアルに似ているが、今では殆ど栽培されていない。

【身体への作用】
鎮痛作用があり、筋肉痛、関節痛、リウマチ、頭痛などによく効きます。また、呼吸器系の症状にも効くため、喘息、気管支炎、喉の炎症などを緩和します。

【心への作用】
真正ラベンダーより少し刺激のある香りで、リラックスよりリフレッシュ効果をもたらします。抗うつ効果もあり、頭を爽快にしてくれるので、自分の考えをシンプルにしてくれます。謙虚さの香りとも言われています。

【肌への作用】
傷跡やニキビ跡を直したり、火傷の治癒に効果があります。

【使用上の注意点・留意点】
生産しやすいラバンジンは真正ラベンダーより安価なため、気軽に利用できる反面、品質にばらつきがあります。ラベンダーの香りが苦手という人は品質の悪いラバンジンに慣れてしまっているかもしれません。

ただし、癒し効果に加え、スパイクラベンダーの性質である免疫強化も期待できるので、真正ラベンダーの代用としての役割は十分にあります。

Growth of Hearts〜東京都目黒区の直傅靈氣師範・音と香りと靈氣のある毎日であなた本来の輝きを引き出す〜

東京都目黒区で、直傅靈氣師範をしています。靈氣(レイキ)・音叉・アロマ・脳内デトックス・メモリーオイルなどのセッションと講座の活動をご紹介しています☆

0コメント

  • 1000 / 1000